GLOBAL CHANT!

世界の素敵を発信するWEBメディア

気分はアジアンリゾート!緑と光を豊富に取り入れるタイ式コーディネートのコツ

HOME タイ 2017.04.11

日本で人気が定着したアジアンインテリア。今回は、タイ・バンコクから、「これさえあればオシャレなタイ風リゾートスタイルが完成するアイテム3つ」と、「現地でオススメのインテリア雑貨店」をご紹介します。

1.職人による丁寧な手仕事で仕上げられた「カゴ」

まずそろえるべきアイテムは「カゴ」です。熟練の職人によって作られたタイのカゴはとても美しいものが多く、ツヤのあるバンブーやしっかりとした籐を使い、丁寧に手編みされたカゴにはぬくもりを感じられます。こんなカゴやバスケットが部屋にあると、それだけで雰囲気がでます。

カゴを購入する時のチェックポイントは編み目です。丁寧に手編みされたカゴは手触りも滑らかで、いつまでもフォルムが崩れません。このようなハイクオリティの品が、タイでは驚くほど安く販売されています。

タオルや衣類などファブリックの収納に、あるいは植物の鉢カバーとして利用するなど、使い勝手のバリエーションも豊富です。居間や寝室、洗面所からトイレまで、家のさまざまな場所で活躍してくれます。

2.カラフルな「タイシルク」

タイではカウチやテーブルなどの家具もバンブーや籐でできているものが多いのですが、そこに光沢の美しいくっきりとした色味の「タイシルク」で作られたクッションカバーやテーブルランナーを合わせると、ぐっとエレガントな“モダンアジア”の雰囲気になります。

タイシルクの他にも、現地少数民族による刺繍や手織布も、オススメのファブリックです。自由で斬新なデザインの中でもしっかり息づいている自然への想いと、作り手たちのこだわりの一品は、素敵なコーディネートのアイテム。鮮やかで美しい色合いや、丁寧な手仕事が施されているものを現地で探してみてくださいね。

3.吊るして楽しむ「ハンギンググリーン」

タイの人々は、あざやかな緑と太陽の光が織り成す「美しい調和」を楽しむインテリアコーディネートを好みます。地震の少ないタイでは歴史のある建物が多いのですが、落ち着きのある家の佇まいと、緑を融合させたコーディネートは実に見事です。

観葉植物をバスケットや吊り鉢で天井や壁に吊るすハンギンググリーンは、それだけで南国リゾート感バツグン。

また、テラスや窓際にはぜひ、垂れ下がるタイプの植物を飾ってみてください。ブーゲンビリアのような色合いのカラフルな植物も、窓からの光と共に色彩を受け取れるので、オススメです。

タイ現地でインテリアグッズを購入するなら……

バンコクでは、人気の市場チャトゥチャック・ウィークエンド・マーケットがオススメ。たくさんのインテリアや雑貨がそろいます。市場内はとても暑いので、暑さが苦手な方で滞在時のタイミングが合う方は、ジャスミンシティ・ホテルで月に一回開催されているタイクラフト・フェア・トレードがオススメ。


上記で販売されているカゴ類はクオリティーが高く、小さいカゴなら40バーツ(約120円)ほどで買えます。ほかにも手作りのアクセサリーや手織コットンの布、手作り石鹸、安価で質の良いアロマオイル、器や小物入れなどが手に入ります。

最後に

美しいカゴ、カラフルなファブリック、そして涼やかなハンギンググリーン。この3つのアイテムをうまく取り入れると、開放的で心地良いタイの暮らしを彷彿させる「アジアンスタイル」が作れます。ぜひ、模様替えや新生活に合わせ、イメージチェンジをする時の参考にしてください。

お気軽にお問い合わせくださいContact Us

お電話で

気になるサービスや赴任時期などお聞かせください。

[フリーコール]0120-925-021
受付時間:10:00~19:00(土日祝を除く)

フォームから

ご希望の方へ役立つ資料をお送りします。

資料請求 / お問い合わせ

Facebookも要チェック!Follow me

ワールドビジネスサポート facebook