GLOBAL CHANT!

世界の素敵を発信するWEBメディア

カンボジアの人気記事

実は日本人好みの味付け!カンボジア料理と現地の食習慣

そもそもカンボジア料理って?

カンボジア料理というと、アジア料理の中ではさほどポピュラーではありませんが、意外にも日本人好みの味付けでご飯がすすむおいしいものが多くあります。

カンボジア料理は白ご飯によく合うおかずが多く、日本人が親しみやすい味付け

東南アジアといえばタイ料理が有名ですよね。タイ料理は一般的にピリ辛のスパイスのきいた辛い味付けで広く知られていますが、お隣の国カンボジアの料理にはどんな特徴があるのでしょうか?

1.辛くない!

カンボジア人はチリソースや生の唐辛子で、もともとの味に辛さを加えるのが一般的で、本来の味付けそのものは辛くない料理がほとんどです。辛いのが苦手な人もメニューの中から安心してチョイスできるのは嬉しいですね。

2.ご飯がすすむ!

カンボジアの主食はお米。日本人がご飯よりもおかずを多めに食べるのに対し、カンボジア人は少しのおかずでご飯をもりもり食べる人が多く、一度の食事で食べる量はお茶碗2杯ほど。スープや炒め物、焼き魚・肉などさまざまですが、オイスターソースやしょうゆ、ナンプラー、にんにくやハーブで味付けされたおかずは、どれもご飯が自然とすすむ、ほどよい味付けです。

3.さっぱりした味もある!

「えっ、カンボジア料理って濃い味ばかりなの?」と気になった方、心配無用です。カンボジアでは出汁のきいた優しい味のスープなどさっぱりした味の料理も多く、現地の人が好んで食べています。

4.カンボジア料理に欠かせない「プロホック」

カンボジアの味「プロホック」。市場に行くとキロ単位で売られている

プロホックとは魚を発酵させた塩辛い食品で、そのまま生野菜と一緒に食べたり、スープの味付けに使ったりもします。その独特のにおいと味を外国人は好みません。日本で外国人が納豆を食べられるか聞かれるように、カンボジア在住の外国人は「プロホック食べられる?」と聞かれます。

定番のカンボジア料理ベスト3

1.すっぱい味付けで暑さを忘れる!カンボジア定番スープの「ソムローマチュー」

「ソムロー=スープ」「マチュー=すっぱい」の意。
写真は「ソムロームチュークルーン」、数種のスパイスをすったもので味をつける。具は空心菜と牛肉

カンボジア人はすっぱいスープが大好き!熟したタマリンド、こぶみかん、ライムなどを使ってこの酸味を出します。最初食べたときは妙に感じますが、毎日強い日差しのもとで過ごしているとすっぱいものが食べたくなるので不思議です。スープの具材は魚、肉、野菜に香草が入っていることも。

2.あっさりスープがしみる…つるっとした米の麺スープ「クイティウ」

つるつるのどごしの良い麺がおいしい「クイティウ」は人気の朝食メニュー。
つけ合わせは豚、牛、鶏肉から選べる

クイティウという米の麺は朝ごはんの定番。あっさりとした出汁のスープに気持ちもほっと和みます。また、麺といえばローカル屋台やレストランで焼きそばも食べられます。麺の種類が豊富で、屋台だと麺の太さを選ばせてくれるところも。

3.カリカリの衣にふっくら白身が美味「トライボンポーン」

淡水魚が主に食べられるが、サバやサーモンも最近は好まれている

魚はカンボジア料理に欠かせない存在。すっぱいスープに入れたり、濃く味付けして干したりと、いろんな料理が食卓に並びます。中でもおすすめは「トライボンポーン」、揚げ魚です。カリカリに揚がった皮を切り開くと、そこにはふっくら柔らかい白身が。写真は野菜のあんかけとの組み合わせですが、他にも、甘酸っぱいタレとマンゴーの細切りや生野菜と一緒に食べるのもよく好まれています。おいしい魚が食べられるのは日本人にとっても嬉しいことですよね。

皆で分け合って楽しむのがカンボジア流

カンボジアでは、かつては床で食事をしました。家族が車座になって座り、中央におかずやご飯のお皿を並べて、分けあって食べます。今では、都市部ではテーブルで食事をとるのが一般的となりましたが、地方へ行くと、今でも床で食事をとっているところが多いです。

食べる時に使うのは、スプーンとフォークが主流。上手に使って、おかずとご飯をうまく合わせて食べます。麺類を食べる時は、箸を使いますが、お米もスプーンを使って食べます。野菜とお肉やお魚を一緒に食べたる料理は、手で食べることもあります。

また、「皆で分け合う」というこの国の食文化も魅力的です。カンボジアではおやつをその場にいる人皆に分けてくれたり、家族の食事に友人や同僚を気軽に招いてくれることがよくあります。現地の人の中には、「外国人はカンボジア料理が好きではないのでは」と思っているカンボジア人も多いので、一緒に食事を楽しむのは、彼らと親しくなるための一歩となるでしょう。

池内 桃子 (Ikeuchi Momoko)

カンボジア・シェムリアップ在住。大学時代、地元福岡で現地のサーカス団「PHARE/ファー」に出会ったのを機にこの国に惚れ込み、2012年に移住。現在は同団体で観客誘致の仕事をしながら、旅行系ウェブサイトで現地レポーターとして執筆中。観光名所からローカルに人気のスポットまで幅広くカバーし、「アンコールワットだけじゃないカンボジアの楽しみ方」を伝えている。

RANKING lC̃LO

お気軽にお問い合わせくださいContact Us

お電話で

気になるサービスや赴任時期などお聞かせください。

[フリーコール]0120-925-021
受付時間:10:00~19:00(土日祝を除く)

フォームから

ご希望の方へ、ご参考資料をお送りします。

資料請求 / お問い合わせ

Facebookも要チェック!Follow me

Leopalace21 GROS facebook