GLOBAL CHANT!

世界の素敵を発信するWEBメディア

同じ国の人気記事の人気記事

フルーツ天国アジア!不思議な果物とその食べ方に注目

さまざまなトロピカルフルーツが豊富に味わえるアジア諸国。タイ、インドネシア、ミャンマーから、ドラゴンフルーツ(写真)にランブータンや、マンゴスチン、ドリアンなど珍しいフルーツや果物料理をピックアップ!現地での食べ方や特有のメニュー、習慣も紹介します。

充実のフルーツ屋台から、豪華メニューまで多彩なタイ

夕方にバケツをひっくり返したようなスコールが降る雨季(6〜10月)は、1年の中でもっとも種類豊富に果物が並ぶ季節。価格も安くなり、思う存分好きなフルーツを楽しめます。

タイの街中に立ち並ぶフルーツ屋台では、すべての果物がすぐに食べられる状態で売られています。巨大なジャックフルーツやドリアンも皮をむかれてカットされ、ザボンなどの柑橘類は中の薄い皮まできれいに取ってくれます。カットフルーツを串で刺し、添えられた甘辛い調味料をふりかけながら、おやつとして食べ歩きするのが現地での楽しみ方です。

青いパパイヤを甘辛くて酸っぱい「ヤム」というタレで和えた「ソムタム」はタイの代表的な果物料理ですが、そこへさらに5~6種類ものフルーツを投入した「ソムタムポラマイ」(写真)は贅沢な一皿。彩りよいカラフルな果物がヤムで染まり、まるで宝石箱のような美しさです。これが市場なら約150円 (為替レートによる変動あり/以下同)で食べられます。

同じくヤムを使った「ヤムソムオー」はたっぷりのザボンを海老と共にヤムで和えた料理。こちらはおつまみに最適です。どれも屋台やレストランにてさまざまな価格・スタイルで提供されているので、あちこちで食べ比べてみてくださいね。

アボカドは砂糖と一緒に食べる!?カレーに果物を入れるミャンマー

日本では“高級”とされるフルーツも、日本の半値以下で買えるミャンマー。日本では珍しくて美しいトロピカルフルーツが、市場に所狭しと並べられています。

道を歩いているとあちらこちらで見かけるマンゴーの木。日本では高価なマンゴーも、ミャンマーでは約50円、「奇跡のフルーツ」や「果物の女王」と呼ばれるマンゴスチン(写真)も1個約40円で買えます。

「ランブータン」もミャンマーで人気のあるフルーツ。サッパリした味わいで、暑いミャンマーでは、何個でも食べたくなってしまいます。

そして、なんといっても驚くのがアボカドの食べ方!二つに切って、種を取り除いた後のくぼみに、たくさんの砂糖を入れてスプーンで食べます。アボカドは、ミャンマーでは食べ応えのあるスイーツとして食べるのです。

また、「スターフルーツ」は熟したものをそのまま食べるのが一般的ですが、料理に使うこともあります。ミャンマーの定番料理、油分の多いカレー「ヒン」に、スターフルーツを一緒に煮込むと、酸味がアクセントになって美味しくなるのです。

安くて種類豊富!インドネシアのフルーツ事情

インドネシアでも、甘味たっぷりジューシーなフルーツを、通年食べられます。スーパーでは手軽にカットフルーツを買えますが、街角で直産販売しているトラックの行商人と交渉して買うのも楽しいもの。日本では高級なフルーツも安価で手に入ります。旬の時期(9〜2月)のマンゴーはなんと1kg約100円!

そしてフルーツの王様・ドリアン!インドネシアでは雨季が旬で、その芳醇で独特な香りと豊富な栄養素に、現地の人に人気の果物です。ただし、ビールや炭酸飲料との組み合わせはお腹のガス発生に繋がるので要注意。また、食べた後のドリアン臭は、ドリアンの皮のくぼみに注いだ水を飲むと消えるという通説が。真偽は不明ですが、機会があればぜひお試しください。

また、フルーツをそのまま食べるだけでなく、グラノーラと合わせるか、スムージーにして朝食にいただくのも一般的。インドネシアでは、「ルジャック」(写真)というスパイシーなサンバルソースに絡めた果物料理も人気です。砕いたピーナッツの香ばしさ、チリの辛さ、タマリンドの酸味、砂糖の甘味、そしてフルーツのフレッシュな風味が一度に味わえる独特の料理です。現地ではランブータンを使ったルジャックが流行していて、そのせいでランブータンが値上がりしたこともあったそうです。

まとめ

カラフルで美しいフルーツを思う存分たくさん食べられるのは南国生活の醍醐味。日本では手に入りにくい旬の美味しさを、その国ならではの食べ方や料理で味わってみてはいかがですか?

TOPへ戻る

RANKING lC̃LO

お気軽にお問い合わせくださいContact Us

お電話で

気になるサービスや赴任時期などお聞かせください。

[フリーコール]0120-925-021
受付時間:10:00~19:00(土日祝を除く)

フォームから

ご希望の方へ、ご参考資料をお送りします。

資料請求 / お問い合わせ

Facebookも要チェック!Follow me

ワールドビジネスサポート facebook