GLOBAL CHANT!

世界の素敵を発信するWEBメディア

タイの人気記事

ハイセンス!タイ・バンコクの最新雑貨事情2018年版

FASHION タイ 2018.02.22

今やデザイン先進国のタイ。みなさんが思い浮かべるような、「アジアン雑貨」だけが、タイの雑貨ではありません。東京のライフスタイル雑貨にも退け劣らない、ハイクオリティな雑貨もたくさんあります。今回は、タイ人クリエイターが手掛けるおしゃれ雑貨や、おすすめのショップをご紹介します。

バンコクの雑貨ショップの特徴とハイクオリティな雑貨の見つけ方

タイの雑貨店のほとんどが、デパートやショッピングセンターのテナントで営業しています。日本人が多く住むスクンビット周辺にはいくつか路面店の雑貨屋があり、ここでは先に延べたような「アジアン雑貨」を取り扱っている例が多いです。タイでハイクオリティな雑貨を見つける方法は大きく3つあります。

1. 最新ショッピングモールへ行く

2016年にリニューアルした「サイアム・ディスカバリー」

タイ人のクリエイターによる商品を多く取り扱うのが、サイアムやスクンビット地区にあるショッピングモール。なかでも私のイチオシは以下の3つ。

サイアム・ディスカバリー
サイアム・センター
エムクオーティエ

サイアム・ディスカバリー 3階の「O.D.S」

BTSサイアム駅またはナショナルスタジアム駅すぐの「サイアム・ディスカバリー」。3階の雑貨ショップ「O.D.S」は、タイ人デザイナーによるおしゃれで機能的なライフスタイル雑貨を取りそろえており、友人へのプレゼント探しにも最適。また、疲れたら併設されたカフェ「I+d Style Cafe X Brave Roasters」でおいしいコーヒーもいただけますよ。

サイアム・センター 3階「The Selected」

お隣の「サイアム・センター」もお忘れなく。3階にある「The Selected」はその名の通り、セレクトアイテムをラインナップ。タイの若手クリエイターが手掛けるアイテムが、アクセサリーからキャンドル、服、雑貨……となんでもそろいます。お財布に優しい値段設定で、「サイアム・ディスカバリー」よりもカジュアルに利用できます。


エムクオーティエ 4階「ANOTHER STORY」

最後にBTSプロンポン駅直結の「エムクオーティエ」。こちらは4階の「ANOTHER STORY」がおすすめ。タイ人作家のプロダクトはもちろん、ヨーロッパなどのインポート雑貨や服も手に入ります。スクンビットという日本人には便利な場所にあるのもポイントです。

美術館(BACC)で探す

BACC(Bangkok Art and Culuture Center)

BTSナショナルスタジアム駅に直結したアートセンター「BACC(バンコク文化芸術センター)」にも個性的な雑貨屋がいくつかあります。おすすめは、タイ人アーティストの作品や本、CDなどを取り扱う文科系ショップ「happening shop」。タイのサブカルアイテムが見つかること必至です。

マーケットイベントへ行く

INTERNATIONAL INNOVATIVE CRAFT FAIR 2016

バンコクではほとんど毎週末のように、フリーマーケットやナイトマーケット、クラフトフェアが開かれています。店舗を持たない作家によるハンドメイド雑貨が多く、人とはかぶりたくない、オリジナルアイテムをお探しの方におすすめです。マーケット情報はフェイスブックのファンページやイベントページにてチェックできます。筆者のお気に入りマーケットは、以下。

よりすぐりのヴィンテージ品が集う
Made By Legacy

タイの個人作家の雑貨が見つかる
Noise Market

流行最先端のアイテムなら
JJ green

洗練されたおしゃれ雑貨はこちら
The Knack Market

お手頃価格のヴィンテージ品
CHEEZE POP-UP MARKET

リーズナブルなハンドクラフトがそろう
Art Box

ハイセンスなタイ雑貨10選

タイランドブランド雑貨には、タイの伝統的なモチーフやアイテムを、現代にアップデートしたデザインが多く見られます。例えば、伝統舞踊に出てくる鬼、タイのお菓子、ローカルな人々が使用しているビニールバッグなどを、新しいアイディアでより今の時代にフィットした雑貨へと作り変えています。

最後に、筆者のお気に入り、または巷で人気の雑貨を10点お届けします!

01.竹編みケースにタイらしさがチラリ

nuaynard リップクリーム

天然蜜蝋、ヴィーガンココナッツオイル、黒ごまオイルで作られた肌に優しいナチュラルリップクリーム。お気に入りすぎて、もう3本目です。竹編みケース入りは友人のプレゼントに。

左 99B、右189B (約336円、約642円)/O.D.S(Siam Discovery)
(為替ルートは2018年2月現在。時期により変動あり。以下同)

02.南イサーン(タイ東北地方)の地元バッグをリメイク

Yam-Fang トートバッグ

プラスチックの繊維でできていて、かなり丈夫&大きいので、重くて大きい荷物もガッツリ入れてOK。買い物時のエコバック向き。チャック等ないので、貴重品を持ち歩く際は注意。
250B (約894円)/O.D.S(Siam Discovery)

03. レトロ風なパッケージがツボ!

EASE UP WITH STYLE タイハーブ石鹸

今流行りのコールドプロセスで作られた石鹸。それぞれにタイハーブを使用し、見た目のかわいさ以上の実力派。お値段はちょっと張りますが、3点セットのギフトボックスはプレゼントに最適。
各240B (約815円)/it’s going green(BACC)

04. ファッションデザイナーが手掛ける

cuscus iPhoneケース

どこか中華っぽい、ノスタルジックでシュールなイラストが特徴のcuscus。タイ在住日本人女性に人気の、お流行りアイテム。とりあえず流行最先端を狙いたい方に必須です。
1,200B (約4,075円)/The Selected(Siam Center)

05.タイにしかない限定商品も!

WISUTGOODS マムアンちゃんステッカー

タイの現代雑貨の王道といったら、タイの有名な漫画家タムくんが描くマムアンちゃんグッズだと思います。日本にはないアイテムもたくさんあり、値段も安い!ステッカーはお土産のばらまき用に使えます。
70B (約238円)/happening shop(BACC)

06. タイの伝統お菓子をレザーで再現

Kanita Leather 小物入れ

ひと目見たときから、「いつか手に入れたい」と胸アツな雑貨。一つひとつ手づくりで、すべてタイで作られています。コインやピルケース、キーケースなどがあります。
520B (約1,766円)/BACC Shop(BACC)

07.タイ王室も御用達のブランド

KARMAKAMET アロマキャンドル

チャトゥチャック市場からスタートし、世界的に有名になったアロマブランド。香りのバリエーションが豊富で、デザイン性、持続性も申し分なし。私はディフューザーを愛用中です。850~1,.350B(185g)(約2886円〜4584円)/Everyday Karmakamet(Siam Center)

08. ふにゃっとした触り心地が最高

LEAST STUDIO カッティングマットのケース

個人的におすすめなのはペンケース。バッグの中でかさばらないのと、汚れてもカッティングマットだと思うと、あまり気にならない不思議。出先で人につっこまれたり、いいこと満載です。
パスポートケース490B (1,664円)、ペンケース590B (約2,003円)/O.D.S(Siam Discovery)

09. 日本のグッドデザイン賞に輝いた

pana objects 木製ボトルオープナー

コインを差し込むと初めて使えるようになるボトルオープナー。言葉が通じなくても盛り上がれるので、外国人や初対面の方とのコミュニケーションにおすすめです!
400B (約1,358円)/O.D.S(Siam Discovery)

10. 無機質な花がアロマで香る

KIDDEE TAMDEE ディフューザー

お家のオブジェにもgoodな、スタイリッシュなデザイン。アロマオイルを継ぎ足せば、ずっと使えるのもうれしい。素敵な女性への誕生日プレゼントにいかがでしょう。
690B (約2,343円)/ANOTHER STORY(EmQuartier)

いかがでしたか。ここに挙げたもの以外にも、スタイリッシュな雑貨がたくさんあります。お土産にも自分用にもプレゼントにも、ぜひタイの今時雑貨にトライしてみてください。

大芦実穂(Oashi Miho)

1989年生まれ。女性ファッション誌でフリーのライター兼スタイリストを経て、2015年より来タイ。現在は、バンコクの女性向けフリーペーパーの編集者。趣味は写真、クレヨン画、ナイトアウト。タイの現代アートシーンに興味あり。

RANKING lC̃LO

お気軽にお問い合わせくださいContact Us

お電話で

気になるサービスや赴任時期などお聞かせください。

[フリーコール]0120-925-021
受付時間:10:00~19:00(土日祝を除く)

フォームから

ご希望の方へ、ご参考資料をお送りします。

資料請求 / お問い合わせ

Facebookも要チェック!Follow me

Leopalace21 GROS facebook