GLOBAL CHANT!

世界の素敵を発信するWEBメディア

中国発ファストファッションブランドが世界進出!注目の3ブランドとは?

FASHION 中国 2017.04.11

世界中で人気を集めるファストファッション。中国ではH&MやZARA、ユニクロなども人気ですが、日本未上陸の現地発ブランドも育ってきています。そんな中国発ブランドの中から、ぜひ知っておきたい勢いのある3ブランドをご紹介します。

イメージ一新で注目ブランドの仲間入りを果たした「熱風」

最初に紹介するのは「熱風(hotwind)」です。1996年、上海で1号店をオープンさせたこのブランドは、最初は靴専門店でした。その後、中国国内で店舗網を拡大。2000年代、中国に“サービス”という概念が乏しかった当時、他ではなかった靴の修理、欠品サイズの取り寄せといったサービスを提供、現地の若者から高い支持を得るブランドに成長しました。

熱風はこれまで何度かブランドロゴ、イメージカラーの刷新を図っており、ホワイト+ブラックのモノトーンだったのが、今ではホワイト+グリーンを基調としたナチュラルなイメージを推進。取扱商品も、靴がメインだった従来から、衣料から小物に至るまで、全身コーディネートできるラインナップに幅を広げました。

設立20周年を機にシンガポールへの進出を果たすなど、中国国外にも目を向けてますますの成長を遂げています。今後もアジア各国に“熱い風を吹かす”こと間違いなしの注目ブランドです。

衣類はもちろんライフスタイルを提案する「MJstyle」

次に紹介するのは「MJstyle」です。2009年、上海で誕生し、日・韓・欧・米の最新ファッションテイストを織り交ぜた新しいブランドです。

店舗数は中国国内に30店舗余りで、同社別ブランドの「TOPFEELING」と合わせると200店舗以上を展開しています。

MJstyleは消費者の”体験”に焦点をあて、陳列、動線、サービスなどに配慮。消費者が買い物そのものを楽しめる空間を提供しているのがポイントです。


さらに、買い物の合間でゆったりと休憩できるカフェを併設した店舗や、インテリアショップなども展開し、2017年1月には上海に「MJstyle Bistro」をオープン。また、2017年は中国国内に新たに100店舗をオープンする計画があるほか、マカオ・日本・マレーシア・シンガポールなどにも進出する予定です。

流行に敏感な顧客を満足させる「UR」

最後に「UR」を紹介しましょう。正式名称を「URBAN REVINO」といい、2006年に広州で1号店が誕生しました。これまでの2ブランドと比べると、ヨーロッパで好まれるようなスタイルのデザインで、中国ではよくZARAと比較されています。URは最先端のファッションをいち早く商品に反映させることをセールスポイントにしており、毎週2回、店内の商品が更新されます。このスピード感と種類の豊富さが、流行に敏感な消費者に支持されています。

ブランド設立から10年を経た現在、中国および世界に160店舗以上を展開。今後はさらに、シンガポールを皮切りに、イギリス、アメリカ、フランス、日本の市場を目指す計画で、2020年には中国国内外合わせて400店舗以上の展開を目標に掲げています。

まとめ

中国大都市のショッピングモールであれば、この3ブランドのどれかは展開しているはず。また、東京オリンピック開催の頃には日本でも、H&MやZARAに次ぐファストファッションブランドとして人気を博しているかもしれませんね。

RANKING lC̃LO

お気軽にお問い合わせくださいContact Us

お電話で

気になるサービスや赴任時期などお聞かせください。

[フリーコール]0120-925-021
受付時間:10:00~19:00(土日祝を除く)

フォームから

ご希望の方へ、ご参考資料をお送りします。

資料請求 / お問い合わせ

Facebookも要チェック!Follow me

ワールドビジネスサポート facebook