GLOBAL CHANT!

世界の素敵を発信するWEBメディア

フィリピンの人気記事

フィリピン最大級のお祭りシヌログフェスティバルとは

毎年1月開催セブ島の「シヌログフェスティバル」

フィリピン随一の観光地として日本人にも人気のセブ島。毎年1月にセブ島で開催されるフィリピン最大級のお祭り「シヌログフェスティバル」をご存知でしょうか? このお祭りに参加するためにフィリピン全土から観光客が集まり、その参加者はなんと300万人以上。近年は海外からの参加者も増えており、参加者のうち10万人近くが外国人と言われています。日本人に関しては参加者のほとんどが留学生か現地在住者で、お祭り目的で来る観光客はまだ多くありません。 「シヌログフェスティバル」とは一体どんなお祭りなのか?セブ島在住の筆者がシヌログフェスティバルの楽しみ方と注意点をご紹介します。

フィリピンが熱狂! シヌログフェスティバルとは

子ども時代のイエスキリストを模倣した人形

シヌログフェスティバルはサントニーニョ(子ども時代のイエスキリスト)を模倣した人形を称えるお祭りです。
毎年1月の第3週に、9日間に渡り行われます。

お祭りのメインは土曜日の前夜祭と日曜日のグランドパレード。観光客にとってはこの2日間がお目当てのお祭りになるでしょう。お祭りのエリアはセブの旧市街にあるダウンタウンです。


この赤丸のエリアが会場

ダウンタウンでは土日が歩行者天国になります。グランドパレードではこの歩行者天国のエリアを仮装したフィリピン人達がサントニーニョに祈りを捧げるダンスをしながら練り歩きます。

Tシャツがボロボロに! これがシヌログフェスティバルだ

人でごった返すシヌログ祭り期間中のパレードエリア

上の写真を見てもらうと分かりますが、とにかく人が多い! 特にパレードエリアは人だらけで、移動もするのも困難です。パレードは各グループがそれぞれ特徴的な衣裳とダンスで祭りを盛り上げます。


数百組を超える団体によるダンス

パレードにはシヌログの委員会に登録した団体が参加できます。各市町村のグループがメインで、公立の学校は授業として参加が義務付けられてることもあり、学生も大勢参加します。全体で数百組を超えるグループがダンスエリアをグルグルと回ります。(1周回るのに2時間くらいかかります) 中には「それただのコスプレじゃん!」みたいなものもいたりでなかなか面白いです。

目立つ衣裳を見るのもシヌログ祭りの楽しみ方のひとつ

もともとはパレードを見るだけだったイベントですが、10年くらい前から町中に飲食の出店や、お土産屋、ヘナタトゥーショップ(消えるタトゥー)などの露店が広がって、パーティー色が強まってきているよう。現在のシヌログはもうなんかよくわかんないくらいカオスな状態になっています。


衣服はボロボロになるから覚悟して。

東南アジアを代表するラテン民族フィリピン人の本領発揮! とにかく3歩進むと「イェーイ」とハイタッチを求められ、絵の具やカラーパウダーをかけられて、服をボロボロにされます。
祭りの間はみんな友達!

テンション高め!シヌログ祭りを楽しむ人々

夜になると状況は更に悪化!
カラーパウダーに加えて、ビールやテキーラまで降って来てわけのわからない状態に。
ノリの良い音楽と共に踊りまくるフィリピン人。
毎年泥酔して路上で寝る人が出たり、事件が起こったりもするため、当局は取り締まりを強化する方向で進めているようですが、あまり上手くいってないようです。

1 2

RANKING lC̃LO

お気軽にお問い合わせくださいContact Us

お電話で

気になるサービスや赴任時期などお聞かせください。

[フリーコール]0120-925-021
受付時間:10:00~19:00(土日祝を除く)

フォームから

ご希望の方へ、ご参考資料をお送りします。

資料請求 / お問い合わせ

Facebookも要チェック!Follow me

Leopalace21 GROS facebook