GLOBAL CHANT!

世界の素敵を発信するWEBメディア

ベトナムの人気記事

訪れる前に知っておきたい現地の治安情報【ベトナム編】

COMMUNITY ベトナム 2018.01.12

ベトナムで安全に生活するために

東南アジアでも比較的治安が良好なベトナム。しかし、すべての町中が安全というわけではなく、女性一人では歩かない方がよいエリアもあります。特にハノイやホーチミンといった都会では、外国人を狙った犯罪も見受けられます。そこで、今回はベトナムに暮らす日本人の活動範囲や犯罪が多い地域などを紹介。また、ベトナムで多発する犯罪や予防策なども解説いたします。

ベトナム生活の拠点。日本人が集まる比較的治安の良いエリア

日本人が多く暮らすエリア

まずはベトナムにおいて日本人が多く暮らすエリアを、ハノイとホーチミンでそれぞれ紹介します。

ハノイ

ベトナムの首都ハノイ。ホアンキエム湖を市の中心に、周辺は旧市街や教会など観光のメッカとなっています。日本人駐在員が暮らすエリアは、その湖の南方に広がるハイバーチュン区、そして、車で20分ほど西方に向かったところにあるキムマー通り周辺の2つ。タイ湖周辺も高級住宅街で駐在員も少なくはないのですが、どちらかというと在住西洋人のエリアとなります。日本食レストランや日系企業の入居するオフィス、外国人向けのマンション(アパートメント)が並び立つのは、ハイバーチュン区とキムマー通り界隈となります。

参考 : ハノイエリア情報

ホーチミン

南部商業都市ホーチミン。首都のハノイからも出稼ぎにやってくるベトナム人が多いほどの大都市です。そのホーチミンにもハノイ同様日本人が多く暮らすエリアが3つほどあります。1つ目は1区のレタントン通り。観光の中心であるドンコイ通りから徒歩10分かからずに行くことができます。治安自体はいいものの、夜は男性向けの繁華街となるので、女性におすすめのエリアではないかもしれません。2つ目は1区南方に広がる7区フーミンフン。ベトナム人の間では「外国人街」、「お金持ちが住む町」と呼ばれるように、いわゆる富裕層の町となります。セキュリティがしっかりしているマンションが多いので、当然日本人駐在員も多く暮らしています。3つ目はファンビッチャン通り周辺。ファンビッチャン通りには数多くの日本食レストランや夜遅くまで営業している居酒屋があり、そこから車で3分圏内の距離には、日本人含む外国人が多く暮らす高層マンション群があります。

参考 : ホーチミンエリア情報

要注意!ベトナムの治安が悪い危険地帯

夜のベトナムの街の様子

世界トップクラスに治安良好とされる日本であっても、すべてのエリアが安全というわけではありませんね。それと同様に、ベトナムでもなるべく夜道を歩きたくない、あるいは女性の一人歩きは危険というエリアがあります。

ハノイ

先に挙げた日本人町は比較的安全です。危険なのは旅行者が行き交うホアンキエム湖周辺。ハノイ大教会付近や旧市街エリアはスリやひったくりが多いですし、旧市街の夜は人気のない通りもあり、酔っ払いが歩いていたり、違法賭博を誘ってくる輩も少なくありません。

ホーチミン

レタントン通り周辺は駐在員が多く暮らす人気のエリアであるものの、夜は露出の高い服を着た女性が闊歩する男の繁華街となるため、健全とはいえません。また、気を付けてほしいのはファングーラオエリア。バックパッカーが多く行き交う町ですが、多国籍、多人種が交差するエリアというのは、どこも治安は良くありません。凶悪犯罪はないものの、違法賭博やマリファナ、売春の斡旋などは絶えなく、女性の一人歩きはあまりおすすめできません。また、西方に広がる中華街チョロンも、夜は治安が良くありません。

ベトナムで気を付けたい軽犯罪とその予防策

バイクの多いベトナム。ひったくりには要注意

ベトナムで多発する犯罪はハノイもホーチミンの同じ。他の発展途上国でも見られるように、スリやひったくりには細心の注意を払う必要があります。これらの軽犯罪はベトナム人でもしばしば被害に遭い、外国人はよりターゲットにされやすいため、日ごろから町を歩くときは気を引き締めることが肝要です。

スリやひったくりの予防策としておすすめなのが下記。

たすき掛けのポーチを持たない

ベトナムでのひったくりは、バイクを使った犯行となります。後ろからバイクに乗った犯人が勢いよくポーチや手に持っているスマホをひったくって走り去っていきます。ですので、たすき掛けのポーチは目に付きやすく、ひったくりの対象となります。また、ポーチの紐がちぎれなければ、バイクに引きずられて怪我を負うこともあります。

高価なものや貴重品は身につけない

ブランド品のバッグや服、高そうなアクセサリーを身に着けているのも危険。また、大金が入っている財布をズボンのバックポケットに入れるのも、犯人からしたらバレバレです。人通りが多いところでは、すっと財布を抜かれてもなかなか気づくことができません。

海外では相手を挑発するようなジェスチャーがありますが、ベトナムではそういったジェスチャーは見られません。日本でやっている普通の振る舞いをベトナム生活に持ち込んでも問題はないでしょう。

ベトナム生活に油断は禁物。住むなら治安◎の日本人エリア

外国人の中でも日本人は油断しがちと言われています。長く住んでいると生活にも慣れてきますが、スリやひったくりはそんなときに遭遇することを再認識することが必要です。また、ベトナムにこれから移住を考えている方は、最初は生活に慣れる上でも、今回紹介した日本人が多く居住するエリアに住むのが得策と言えます。

RANKING lC̃LO

お気軽にお問い合わせくださいContact Us

お電話で

気になるサービスや赴任時期などお聞かせください。

[フリーコール]0120-925-021
受付時間:10:00~19:00(土日祝を除く)

フォームから

ご希望の方へ、ご参考資料をお送りします。

資料請求 / お問い合わせ

Facebookも要チェック!Follow me

Leopalace21 GROS facebook