GLOBAL CHANT!

世界の素敵を発信するWEBメディア

タイの人気記事

タイで現地在住日本人の友達作りに役立つ4つのコミュニティ

COMMUNITY タイ 2018.01.10

タイで人気の日本人コミュニティ

タイに駐在したばかりの方や出張ベースで訪れる方は、どうやって現地在住の友人を作ればよいのか。最も有効な手段は現地の日本人コミュニティやイベントに参加することである。タイにはバンコクを中心にたくさんのコミュニティがあるが、中でも今人気を集めている日本人コミュニティを4つご紹介したい。

フットサルコミュニティ「グッドモーニングFC」

フットサルを通して人脈も広がる「グッドモーニングFC」

2014年6月にプロサッカー選手のエージェントとして活躍する真野浩一氏らにより設立されたタイ最大の日系フットサルコミュニティ「グッドモーニングFC」。その名の通り、午前中や午後の早い時間帯に活動していることが特徴だ。フットサルを通じて、バンコクだけでなくタイ全土に暮らす日本人同士が交流できる機会を創出することを目指しており、今年タイ東部チョンブリー県でも活動がスタートした。

真野氏は、年に一度開催される在アジア日本人フットサルチームNo.1決定戦である「F-ASIA」の主催者でもある。2017年は13ヶ国24チーム260名が参加し、フットサルを通じてアジア全域に暮らす日本人同士が交流する場となっている。

<参加者の声>
・性別、年齢、経験関係なく参加ができる
・参加者が多いので色々な人と繋がりができる
・予約不要で少人数でも大人数でも必ず開催され、参加できるのが助かる

グッドモーニングFC
HP: http://gmfc.asia/
Facebook:https://facebook.com/gmfc2014bkk
参加者:土日は35〜45名、木曜日は15〜20名程度の参加者。男女比は8:2程度。
平均年齢は34歳、職業は駐在員、現地採用、自営業、駐在妻、学生、旅人など様々。
開催時期:
第1&第3日曜日 12:00-14:00
第2日曜日 10:00-11:30
第4土曜日 12:00-14:00
第2&第4木曜日 9:30-11:30

日本人男女の出会いの場「恋活」

成功率の高い「恋活」

2015年7月に第1回目が開催され、2017年12月で10回目を迎えたタイ最大の日本人向け合コン「恋活」。バンコクの女性向けフリーペーパー「Arche+(アーチプラス)」が主催している。

年3〜4回のペースで開催され、毎回定員は異なるが男女50名ずつの場合が多い。驚くべきことにタイ国外(日本や香港)から参加する女性もいる。これまでに恋活で成立したカップルは100組を超え、その確率はなんと25%! 参加者の4人に1人がカップルになっている計算だ。

<参加者の声>
・日本でも婚活パーティーに参加したことはありますが、恋活の方がスペックの高い男性に出会えます。(30代・日本から参加した女性)
・タイで独身の日本人女性と出会える場は貴重なので、ありがたいですね。(30代・男性)

恋活
Facebook:https://facebook.com/archeplus/ (Arche+)
参加者:20〜50代までの独身日本人男女
開催時期:不定期

アラサーに特化したコミュニティ「J-Plus」

アラサーで集って盛り上がるコミュニティ「J-Plus」

2017年6月に設立されたアラサーに特化したコミュニティ「J-Plus」。「タイに来たばかりの人もタイ在住歴が長い人も、一人で気軽に参加できて新しいつながりを作れる場があれば、もっとタイでの生活が楽しくなるはず」、という主催者の想いもと、バーベキューパーティーやレーザーゲーム(テレビゲームのジャンルのひとつ)、セミナーなどのイベントを開催している。

一番参加者が多いイベントは、「J-Night」というバーベキューパーティー。12月9日に開催された第3回は、男性32名、女性28名、半数以上が1人での参加となった。

<参加者の声>
在タイ6カ月で初めて参加しました。1人で参加しましたがとても楽しんで参加できました。同年代のいろいろな人と話ができて新しい友達も増えてよかったです!(28歳・女性)

J-Plus
HP:http://jplusjp.com/
Facebook:https://facebook.com/jplusjp
参加者:20代、30代のタイ在住日本人。駐在員、現地採用、自営業、学生、インターン生など。
J-Night開催時期:3,6,9,12月の第2土曜日。次回は3月10日(土)

世界規模の日本人起業家コミュニティ「WAOJE(旧和僑会)」

刺激の多い日本人起業家コミュニティ「WAOJE(旧和僑会)」

2004年に香港で立ち上がった和僑会を母体として、2017年に一般社団法人として設立された「WAOJE(ワオージェ)」。WAOJEとは「World Association of Japanese Overseas Entrepreneurs」の頭文字を取ったもので、「海外で事業を興し活動する日本人同士で繋がり、支え合っていこう」という想いが込められている。

現在、東アジア、アセアン、日本の3つの地域を中心とし、20を超える活動拠点を持つ。年に一度、「世界大会」と「ASEAN大会」が開催され、世界中から日本人起業家が集まり、交流や学びを得られる場となっている。

タイではタイ王国和僑会(現:WAOJEバンコク)が2009年に設立され、現在の会員は約70名。20〜60代まで幅広く、職業はサービス業、製造業、飲食業などさまざま。タイで事業を始める上での人脈作りや勉強の場として活用されている。
WAOJEバンコクの主な活動としては、定期で行われているものに、定例会(食事会)、早朝勉強会(読書会)、ゴルフ会があり、不定期で年1〜2回200名規模の異業種交流会が開催されている。

<参加者の声>
起業家の集まりということで、日々の課題が似たような人の集まりなので、この集まりがあることを心強く感じています。また、タイだけでなく周辺国はじめ各国のWAOJEとも気軽に接点が持てるので、初めて行く国でもWAOJEがあると安心で、それを活用してビジネスを広げることもできます。

WAOJEバンコク
HP:http://thaiwakyo.com/
Facebook:https://facebook.com/thaiwakyo
開催時期:
・定例会(食事会):毎月第三木曜日18:30〜
・早朝勉強会(読書会):毎月第三土曜日6:30〜
・ゴルフ会:毎月第三木曜日朝〜
・異業種交流会:年1〜2回(200名規模)

コミュニティの探し方

4つのコミュニティをピックアップしてご紹介したが、そもそもこのような日本人コミュニティの情報はどのように探せばよいのか。タイにおける日本人コミュニティの探し方は大きく下記3通りの方法がある。

1.Facebook

Facebook上の日本人コミュニティ(グループ)への参加や、日本人向けに開催されるイベントの広告をチェックする。

2.フリーペーパーの掲示板

日本語フリーペーパーには掲示板が設けられており、日本人向けのイベントやコミュニティの情報が掲載されている。

3.ネット上の掲示板

バンコク掲示板などのネット上の掲示板でイベント情報をチェックする。

このように、SNS、ウェブ、紙媒体の3つを活用することでコミュニティの情報を効率よく得ることができる。

仕事も趣味も見つけられるバンコク日本人コミュニティ

バンコクには今回紹介した4つのコミュニティ以外にも数え切れないほどの日本人向けコミュニティがある。仕事につながるネットワーク作りをしたいという方や、趣味やスポーツなど、仕事以外のつながりを持ちたいという方は、ぜひこのようなコミュニティに積極的に参加してみてはいかがだろうか。

明石直哉(Akashi Naoya)

1980年生まれ、千葉県出身。2011年4月に東京からタイ・バンコクに移住。現地編集プロダクションに3年半勤務した後、2015年1月にYindeed Co., Ltd.を起業。タイ在住日本人向けのWEBメディア「Yindeed Magazine」の運営およびマーケティング事業を展開。旅行と写真が趣味で、タイ全77県制覇を目標に休日はタイ各地へと足を運んでいる。

TOPへ戻る

RANKING lC̃LO

お気軽にお問い合わせくださいContact Us

お電話で

気になるサービスや赴任時期などお聞かせください。

[フリーコール]0120-925-021
受付時間:10:00~19:00(土日祝を除く)

フォームから

ご希望の方へ、ご参考資料をお送りします。

資料請求 / お問い合わせ

Facebookも要チェック!Follow me

Leopalace21 GROS facebook