GLOBAL CHANT!

世界の素敵を発信するWEBメディア

フィリピンの人気記事

100%の確率でジンベイザメと泳げる!セブ島オスロブに行ってきた。

今回のナビゲーター:津下亮平(Ryohei Tsushita)さん

セブ島のWEB屋。1987年、東京育ち。フィリピン留学後に現地で起業。WEB開発、マーケティング事業をメインに活動中。最近はリゾート研究家として各地のリゾートを研究している。

世界最大のサメ「ジンベイザメ」。体長は大きいもので10mを超えます。そんなジンベイザメと手の届く距離で泳げる場所がフィリピン・セブ島にあるんです。しかも遭遇率は100%!
もともとは現地の若者の間でブームになり、今ではセブ島を代表するオプショナルツアーとして毎週たくさんの観光客で賑わっています。
そんな人気爆発中の「ジンベイザメとスイミングツアー」に友人と参加してきたので、ツアーの魅力をお届けします。

セブ島最南端にある小さな港町オスロブ

ジンベイザメ効果で世界中から注目される人気スポットに変貌を遂げた「オスロブ」は、セブ島最南端に位置する小さな港町です。セブ島のメインエリアからは車で約3時間。

主な行き方は、①セブシティから一般のバスで向かう、②レンタカーで行く、③ツアーに申し込む、のいずれかになります。安く行くなら①か②ですが、現地慣れしていないとトラブルに巻き込まれることもありますので、ツアーがおすすめです。

ワンボックスカーで向かいます

出発は朝の5時、帰りは17時頃になりますので1日がかりの観光になります。
現地に更衣室もありますが、事前に水着に着替えていた方が行程がスムーズに進むのでできるだけ水着を着ていきましょう。持ち物は、水着、着替え、タオル、水、酔い止め(乗り物酔いしやすい人は)、カメラがあれば大丈夫です。

断然シュノーケルがおすすめ!

オスロブに到着!長閑な田舎のビーチという雰囲気ですが、土日に行くと人が溢れかえっています。まず受付を済ませましょう。料金は以下のとおり。

・シュノーケル:1000ペソ(2200円ほど)
・ダイビング:1500ペソ(3400円ほど)

ダイビング経験者からジンベイザメは水面近くまで上がってくるのでシュノーケルの方がおすすめという話を聞き、シュノーケルにしました。

次に15分ほどの講習で注意事項の説明を受けます。講習は全て英語ですが、主な内容はこんな感じです。

・日焼け止めは禁止
・ジンベイザメには触らないこと
・カメラのフラッシュ禁止

日本語で書かれた説明書もありますので、不安な方はスタッフに聞いてみてください。

講習が終わったらシュノーケルセットとライフジャケットが配られます。私は泳げるので必要ありませんでしたが、ライフジャケットだけでなく現地スタッフのサポートもありますので泳げない人、泳ぎに自身がない人でも楽しめるはずです!

いよいよ手漕ぎボートに乗ってジンベイザメが泳いでいるエリアまで移動します。それほど沖までは行かず、浜から20メートルくらいの距離です。時間にして10分ほど。

私は大丈夫でしたが、この手漕ぎボートはかなり揺れるので酔いやすい人は要注意!一緒に行った友人は浜辺に戻ったあと、しばらくダウンしていました。乗り物酔いしやすい人は事前に薬を飲んでおくといいかもしれません。

遂にジンベイザメとご対面!

遂にジンベイザメが見えてきました。近くで見ると本当に大きい!最初は結構ビビりますが、勇気を持って海にダイブ!

ジンベイザメはデカイですが、人に関心を示すことはなく、動きも遅いのでじっくり鑑賞できます。よく見ると優しそうな顔をしてますし、性格も温厚で人を襲ったりはしないので恐れることはありません。

本当に大きい!そして近い!(触れられる距離ですが、スタッフから注意を受けるので触らないように!)こんな至近距離で一緒にジンベイザメと泳げる場所はそうはないと思います。

泳ぎが得意な人はライフジャケットがあると潜りにくいので脱いでしまっても大丈夫です。逆に怖くて泳げない人はボートの上から見ているだけでもOK!

オスロブではこのジンベイザメは野生のものだと説明していますが、実際は餌付けして管理してますので、行って見れないことはほぼないかと思います。多い時だと10頭近くボートの周りをウヨウヨ泳いでいます。

有料になりますが、「水中カメラのレンタル」も現地で可能です。水中のジンベイザメと一緒に写真を撮れば最高の思い出になります!

ジンベイザメと一緒に泳げるのは30分ほど。30分というと短く感じるかもしれませんが、結構ヘトヘトになると思うのでちょうどいいです。

でも、3時間かけて来て30分ジンベイザメと泳いで終わりなの?と思う方もいらっしゃると思いますが、ご安心ください。オスロブの魅力はジンベイザメだけではありません!

透明度抜群の美しいビーチ「スミロン島」

ジンベイザメのエリアからボートで20分ほどのところにある孤島「スミロン島」。この島の海は、セブの中でも3本の指に入るほどの美しさを誇ります。ジンベイザメを見に来たら、ぜひセットで行って欲しい島です。

行き方はジンベイザメの近くのボートエリアで申し込むか、ツアーの場合はジンベイザメとセットのプランがありますのでそちらを申し込みしましょう。

申し込みが済んだら早速船に乗り込みます。今回は手漕ぎではなくバンカーボートです。
船に乗って20分ほどでスミロン島が見えてきました。

ボートの上からも分かるほどスミロン島のビーチは明らかに色が違います!

このレベルの透き通るエメラルドグリーンの海は、滅多にお目にかかれません。

ほかの参加者もビーチで各々の時間を楽しんでいました

スミロン島にはビーチもありますので、砂浜でノンビリしたり、海に入ってシュノーケルしたりと、色々な楽しみがある島です。インスタ映えする写真もたくさん撮れますよー!

ただ、注意点が2つあります。1点目は、素足で海の中に入るとウニを踏んでしまったり、石で足を切る人が非常に多いということです。なるべくサンダルを履くようにしてください。

2点目は時間。「ジンベイザメとスイミングツアー」を終えて午後からスミロン島に向かうと下の写真のように状態になっています。そうです、潮の満ち引きの関係で午後に行くと美しい白砂のビーチが見られなくなってしまうのです。なのでジンベイザメが終わったらすぐにスミロン島に行きましょう!

私は午前と午後どちらも経験ありますが、やっぱり白砂のビーチが広がる午前の方が海の色も綺麗だし、リゾート感が出ますね!

1時間ほど遊んだらオスロブの港まで戻りましょう。着替えを済ませてセブシティに帰ります。


お腹が減ったら、ジンベイザメショップに併設されてるレストランを使うか、帰る途中に「BODOS BAMBOO BAR (B.B.B)」という雰囲気が良いレストランもあるので使ってみてください。

ジンベイザメとスイミングツアーを終えて・・・

正直遠くて朝も早いので初めはそこまで気乗りしてませんでしたが、ジンベイザメは想像以上に大きいし、綺麗な海も見れて大満足。1日費やす価値は十分ある貴重な経験が出来たと思います。
一年を通して楽しめるツアーですが、ベストシーズンはフィリピンの乾季である2〜5月です。私は3月と9月に行ったことがありますが3月の方が天気が安定してて満足度高めでした。

ツアー情報はこちらからごどうぞ!
http://ksb-travel.com/tour/sumilon

TOPへ戻る

RANKING lC̃LO

お気軽にお問い合わせくださいContact Us

お電話で

気になるサービスや赴任時期などお聞かせください。

[フリーコール]0120-925-021
受付時間:10:00~19:00(土日祝を除く)

フォームから

ご希望の方へ、ご参考資料をお送りします。

資料請求 / お問い合わせ

Facebookも要チェック!Follow me

Leopalace21 GROS facebook