GLOBAL CHANT!

世界の素敵を発信するWEBメディア

ミャンマーの人気記事

現地での付き合いをスムーズにする「ミャンマー冠婚葬祭マニュアル」

日本とは異なる風習をもつミャンマー。結婚式や葬式はどう行うのか、どんな服を着ればよいのか、お金はいくら包むのか。ほかにも参加すべき行事はあるのか。ひとつ間違えば部下や取引先と良好な関係を築くのに響いてしまいそうなマナーの数々を伝授します。

老人ホームで結婚式!?驚きのミャンマー式結婚マナー

結婚に際して、まずは家族だけで僧侶を招いた儀式を行い、その後、友人や同僚を招いた披露宴へと移ります。最近はホテルやレストランで行う人も増えてきましたが、基本は僧院か老人ホーム(養老院)。「なぜ老人ホーム!?」と驚かれるかもしれませんが、敬虔な仏教徒のミャンマー人には、老人ホームの老人たちにも式のご馳走を振る舞うことで功徳が積めると人気なのです。

お祝いは品物でもよいのですが、喜ばれるのは現金です。相手との近しさにもよりますが、外国人上司が部下に贈ると仮定した場合、50~100US$(5,700〜11,000円程度)くらいが一般的です。招待状が入っていた封筒に入れて渡すのが近年のマナー。封筒に名前が書いてあり、あとあと便利なのです。金額を書く必要はありません。

アジアには平服で式に参加する国も多いですが、ミャンマーは日本と同じく着飾ります。避けるべき色は黒と緑ですが、緑については気にしない人が最近は増えているそうです。新郎新婦の衣装は黄色やピンクが多いですが、参列者が同じ色でもかまいません。

困るのは、招待状がぎりぎりにしか配られないこと。式当日まで1週間を切ってから送られてくるということもざらにあるため、大事な部下の結婚式なのに既に予定が入ってしまっている、なんてことも起こりえます。ただ、式は緩やかに始まりいつの間にか終わるスタイルなので、途中どこかで顔を出せばOK。座席も決まっておらず、入れ替わり立ち代わり別の人が座るので、たとえ欠席しても日本ほどは失礼にあたりません。

墓なし、遺灰なしの葬式は火葬場で

ミャンマーでは、なんと葬儀は火葬場で行います。故人が近しい間柄の人の親族であれば香典を渡しますが、葬儀あるいは死後7日目の儀式の折にご自宅にうかがって渡すのが一般的です。直近の部下の親族であれば30~50US$(3,400〜5,700円)くらいが相場です。

ヤンゴンの場合は火葬場が2ヵ所。どちらも郊外なので、社員が多数出席するなら火葬場までのバスを手配したり、花輪を会社から出したりすれば喜ばれますが、まずは現地社員のリーダー格と相談してください。

火葬場では待合室に設置した祭壇で僧侶に読経をしてもらった後に火葬へと進むのですが、焼却炉へ運ぶとさっさと帰宅するのに驚きます。ミャンマーでは輪廻転生思想が深く根付いているため、魂は別の肉体をもって生まれ変わり、死んだ肉体はただの入れ物とされ遺灰は捨ててしまうのです。墓や仏壇もありません。本当にところ変われば…ですね。

法事や得度式、誕生会と様々なお呼ばれが

葬式や結婚式のほか、参加する機会が多いのが法事です。親族が亡くなって1年目などの節目に、友人や同僚を食事に招待するのです。この場合は手ぶらでかまいません。

「徳を積むため」という名目で、僧院やレストランで寄進の席を設けることがよくあります。こういった席へも手ぶらで行ってかまいません。

また、ミャンマーならではのお呼ばれに得度式があります。男性の場合、一生に2度は出家するのがよいとされ、社員が子どもを出家させる式に呼ばれることがよくあるのです。この場合は、30~50US$(3,400〜5,700円)ほどご祝儀を包む人が多いですね。

ほかにも、子どもの誕生会などさまざまな会に招待される機会があります。参加すべきか迷ったら、信頼できる現地の社員に相談して決めるのがおすすめです。

まとめ

現地で受ける招待に積極的に参加することで、現地社員や取引先との絆はより深くなりますし、異文化の興味深い習慣にも触れることができます。しかし、大きな事務所だと招かれる機会も増えてしまうので、最初から現地式のお付き合いにはあまり参加しないことを表明しておくというのもひとつの手かもしれません。

板坂真季(Itasaka Maki)

日本でのフリーライターを経て中国の上海、ベトナムのハノイで計7年間、現地フリーペーパーの編集に従事。日本の雑誌、書籍、webマガジンなどへも多数寄稿し、各種ガイドブックの編集・執筆・撮影にも関与。日本の雑誌のコーディネートや企業の市場調査などの経験もあり。ヤンゴン在住5年目。

TOPへ戻る

RANKING lC̃LO

お気軽にお問い合わせくださいContact Us

お電話で

気になるサービスや赴任時期などお聞かせください。

[フリーコール]0120-925-021
受付時間:10:00~19:00(土日祝を除く)

フォームから

ご希望の方へ、ご参考資料をお送りします。

資料請求 / お問い合わせ

Facebookも要チェック!Follow me

ワールドビジネスサポート facebook