GLOBAL CHANT!

世界の素敵を発信するWEBメディア

カンボジアの人気記事

カンボジア最大のお祭り! 「水祭り」を知っていますか?

東南アジアのお祭りと言えば、毎年4月13日〜15日に行われるタイの水掛け祭り(ソンクラーン)が有名ですが、実はカンボジアにも“水祭り”と呼ばれるお祭りがあります。街中で水を掛け合うタイの水掛け祭りとは異なり、カンボジアの水祭りは川で行われるボートレースや花火、灯篭流しなどの催し物を楽しむお祭りです。今回は、日本人にはまだあまり知られていないカンボジアの水祭りをご紹介します。

カンボジア最大のお祭り、「水祭り」とは?

水祭り(ウォーターフェスティバル)とは、11月の満月の前後3日間に渡り行われるお祭りで、雨季の終わりと乾季の到来を祝うカンボジアの伝統行事です。11月は稲刈りが始まる時期でもあり、水の恵みに感謝を捧げ、収穫を祝う意味合いも持っています。

大規模な伝統行事が少ないカンボジアでは、水祭りは一大イベント。首都プノンペンやアンコール遺跡観光の拠点となる街シェムリアップは、国中から人々が押し寄せます。プノンペン市内を流れるトンレサップ川沿いには出店が立ち並び、野外コンサートや花火大会が行われ、大変な賑わいです。

水祭りのハイライトは、トンレサップ川で開催されるボートレース大会。ドラゴンボートと呼ばれる木製の手漕ぎボートに数十人の選手がぎっしりと乗り込み、二艘のボートでタイムを競うシンプルなレースですが、これが非常に盛り上がります。

プノンペン、シェムリアップ合わせてなんと500艇を超えるチームが参加し、応援する家族・友人、そしてカンボジア中から集まった観光客でレース会場は熱狂に包まれます。ボートレースの日は、「カンボジアが1年で最も熱くなる日」と言えるでしょう。


                                  

カンボジア水祭りの歴史

クメール王朝の栄華を今に伝えるアンコール・ワット

水祭りの歴史として語られているものには、12世紀のクメール王朝時代、隣国チャンパ王国の侵攻をジャヤーヴァルマン7世王が自ら水軍を指揮し、追い返した史実を讃えるための儀式とする説や、16世紀のカンボジア王国時代に水軍の勢力を誇示するために行われたボートレースを起源とする説など多数あり、正確な起源は分かっていません。現在は、乾季の到来と農作物の収穫を祝う意味合いが強くなっています。

水祭りの注意点

メイン会場となるプノンペンのトンレサップ川

水祭りの期間中、プノンペンとシェムリアップの両都市は国中から集まったカンボジア人で大変な混雑になります。2010年にはプノンペンでボートレースを観戦する観客が将棋倒しになり、350人以上が死亡、800人近くが怪我をする悲惨な事故が起こりました。

交通事故やスリなどの被害に遭うケースも多発しています。できるだけ人混みには近づかず、貴重品はホテルに預けてから出かけるようにしてください。

【2017年版】カンボジア水祭り開催情報

シェムリアップ川

2017年は11月2日(木)、3日(金)、4日(土)に開催が予定されています。主な会場は下記の2箇所です。

・プノンペン・トンレサップ川沿い
・シェムリアップ・シェムリアップ川沿い

乾季のカンボジアはカラッとした爽やかな晴天の日が続きます。服装は日本の夏の装いで問題ありませんが、ボートレース観戦や遺跡観光をする場合は、日陰がない場所が多いので日よけ対策はマストです。帽子、サングラス、薄手の上着を忘れずに!

最後に

普段はゆったりとした時間が流れるカンボジアですが、水祭り中はその姿を少し変えます。街全体が浮足立ち、道行く人々はいつも以上に笑顔を輝かせ、見知らぬ人でも一緒になってお祭りを楽しみます。

カンボジア人はとてもシャイですが、好奇心旺盛で心優しい人たちです。きっとあなたの旅の思い出を忘れられないものに彩ってくれるでしょう。

和佐 晋吾(Wasa Shingo)

1975年生まれ。香港、インドでの駐在後、2014年からカンボジアでシティプレミアムゲストハウスの経営をスタート。人気ゲストハウスとなり、日々多くの旅人を迎え入れている。その後、カフェ経営もスタートし事業の多角化を目指し、奮闘中。カメラとサッカーと旅が生きる源。リゾートトラベラーになりたいそんな人。

TOPへ戻る

RANKING lC̃LO

お気軽にお問い合わせくださいContact Us

お電話で

気になるサービスや赴任時期などお聞かせください。

[フリーコール]0120-925-021
受付時間:10:00~19:00(土日祝を除く)

フォームから

ご希望の方へ、ご参考資料をお送りします。

資料請求 / お問い合わせ

Facebookも要チェック!Follow me

ワールドビジネスサポート facebook