GLOBAL CHANT!

世界の素敵を発信するWEBメディア

ベトナムの人気記事

【赴任者・出張者必見】知っておきたいベトナム市内の交通事情

COMMUNITY ベトナム 2017.10.05

バイク天国とも称されるベトナム。ハノイやホーチミンといった都心を中心に、朝夕はびっくりするくらいのバイクの渋滞を目の当たりにすることでしょう。その様子は旅行者の間ではちょっとした名物にもなっているほど。名実ともにベトナムにおいて、バイクは人々のメインとなる移動手段として活躍していますが、近年はGrabやUberといった配車タクシーが普及しはじめたため、在住外国人を含めて現地に暮らす人々は必ずしもバイクを所有し、運転する必要もなくなってきた様子です。また、2年後の2020年には地下鉄メトロも開通予定。現在ベトナムの移動インフラは大きな転換期を迎えているといえます。今回はその模様を紹介します。

バイク天国のベトナム

ベトナムは交通渋滞や排気ガス緩和のため、四輪車に高い関税をかけています。ゆえに一般所得者層が簡単に買うことはできないのが現状。それゆえ、昔から発達している移動インフラがバイクです。朝夕の通勤ラッシュ時にはバイクの大渋滞が都心を中心に発生し、社会問題ともなっています。旅行で高見の見物をする分には興味深いですが、在住者にとっては呼吸をするのも億劫な時間ともなります。

移住や赴任など、中長期でベトナムに滞在している日本人男性の多くは、バイクを所有し日常的に運転しています。一方駐在員妻など女性の方々は、タクシーでの移動が多いようです。ベトナムでは流しのタクシーがどこでも走っているので、つかまえるのは非常に楽。また、タクシー会社にもよりますが、初乗りは約50~60円と安いのも気軽に利用できる理由の一つです。

近年は配車タクシーが躍進

ただし、ここ数年で通常のタクシーに代わって躍進しているのが配車アプリです。ベトナムではGrabとUberの2社が進出しています。日本人には馴染みありませんが、一度使ってみると、その使い勝手の良さが分かります。現在では駐在員妻のみなさんの間でも定番となっています。

配車アプリはスマホにダウンロードして使うことができます。現在地と目的地を入力するだけで、近くを走っているドライバーを捕まえることができます。数分程度待てばドライバーが来てくれて、目的地まで運んでくれます。チップもいりませんし、目的地を入力した時点で料金も分かっているので、無用なトラブルの心配も要りません。通常のタクシーよりも半額程度、もしくはそれ以下で行くことができるため、現地の人々の間でも既に日常の足として浸透しています。

ますます高まるベトナムへの期待。2020年には地下鉄メトロも開通予定

ベトナムでは2017年現時点で市内を走る列車はありません。あるのは地方へ行く長距離列車だけです。ただし、ハノイは2019年、ホーチミンは2020年にそれぞれ地下鉄メトロが開通予定。ベトナムにおける新たな移動インフラの確立とあって、既に駅周辺は高級マンションが投機目的に売買されたり、地価が高騰するなどの現象が起きています。

また、これまではバイクが縦横無尽に歩道を走っていて、歩行者は安心して歩くこともできませんでした。しかし、その様子も徐々に変わりつつあるようです。電車の開通に伴い歩行者が増加することを見越して、現在歩道の整備が進められています。数年後にはベトナムの町の風景ががらりと変わるかもしれませんね。

ベトナムはバイク天国というイメージがあり、それは事実ですが、徐々にその風景も変わりつつあるようです。特に電車が開通すると、タイのバンコクやマレーシアのクアラルンプールのように、急速に発展を遂げ、町は著しく変化することでしょう。ベトナムに暮らしていれば、その変化を目と肌で見ることができる貴重な体験をすることができるはずです。

古川悠紀(Furukawa Yuki)

1984年生まれ、神奈川県出身。東海大学文学部アジア文明学科入学。ベトナムに伝わる民話と伝播、比較文化論を研究。卒業論文では『ベトナム民間説話の研究』を執筆。その時分から「20代のうちに一度はベトナムへ移住を」と考えはじめる。2007年卒業後、代理店営業職に就職、その後フィリップモリスジャパン(株)に転職ののち、2010年12月に退職。翌月に念願のベトナムへ移住を決意。現在はフリーランスとしてライターを生業にする傍ら、翻訳、市場調査、ウェブサイトの運営など、ベトナムにまつわるものならば幅広く請負中。

TOPへ戻る

RANKING lC̃LO

お気軽にお問い合わせくださいContact Us

お電話で

気になるサービスや赴任時期などお聞かせください。

[フリーコール]0120-925-021
受付時間:10:00~19:00(土日祝を除く)

フォームから

ご希望の方へ、ご参考資料をお送りします。

資料請求 / お問い合わせ

Facebookも要チェック!Follow me

ワールドビジネスサポート facebook