GLOBAL CHANT!

世界の素敵を発信するWEBメディア

ベトナムの人気記事

ベトナム人はハロウィンをどう過ごす?ホーチミン市内の模様も紹介

COMMUNITY ベトナム 2017.09.28

「トリック・オア・トリート!」といえば、ハロウィンで使われる合言葉として世界中で知られていますね。もともとは秋の収穫祭の一環だったようですが、現在ではアメリカを中心に、民間行事として定着しています。日本でも年々その存在感を増していき、当日は仮装をした人々が町中を行き交う様子をみることができます。では、日本から遠く離れたベトナムでは、ハロウィンはどのような位置づけで、人々はどのように過ごしているのでしょうか。

ベトナムにおけるハロウィンの認知度は?

日本のハロウィンの様子はベトナムでも大々的に放送されています。テレビやYouTube、SNSなどを通して、渋谷のスクランブル交差点で賑わう仮装のにぎわいを見ることができます。

一方ベトナムでは、日本やその他の国々と比べると、ハロウィンの認知度はいま一つの様子です。ただ、近年は外資系のショッピングセンターなどで、10月はじめ頃からハロウィンの装飾を見ることができるようになりました。これを受けてハロウィンという行事をはじめて知った中高年世代の方々も多くいらっしゃるようです。

ハロウィングッズも売れ行き好調。お店はハロウィンデコに!

ホーチミンの5区にはチョロンと呼ばれるベトナム最大の中華街があります。その中のとある通りには、御覧のようにハロウィングッズを売る個人雑貨店があり (写真上)、全部で10軒以上並んでいます。個人客が衣装を買いに来ることはもちろん、お店を経営している人が、内装のデコレーションやスタッフの仮装衣装の調達にもやってきます。

雑貨店の多くは日ごろイベント用品を売っていますが、中には普通の文房具店が、このときだけハロウィングッズ専門店になることもあるようです。アパレル店やカフェ、レストランといったあらゆるお店で10月はじめから、店内はハロウィン仕様となり、ほとんどのお店は割引セールを行うようになります。また、お店スタッフも魔女の格好をしたりと、簡単な仮装をしています。

当日はホーチミンで最も盛り上がるブイビエン通りへ

ハロウィンの認知度が低いベトナムでも、“いまどき”の若者らがイベント好きなのは日本と同じ。ただ、町のいたるところで仮装をして盛り上がるわけではありません。例えばカフェでイベントを行ったり、貸し会議室を借りて友人同士で撮影大会を開催したりするケースが多いようです。もし、街中でハロウィンらしい盛り上がりを見たいのであれば、おすすめなのがホーチミンのブイビエン通りです。

ブイビエン通りは、ファングーラオエリアの、バックパッカー街のメインストリートとして知られていますが、近年はクリスマスや新正月、旧暦のテト正月といった大きな行事のときの若者の町として認知されるようになりました。ハロウィン当日、ブイビエン通りはびっしりと人で埋め尽くされるのが、ここ数年の恒例。通り沿いのレストランやバーでは、「ペイントor仮装でビール一杯無料」などのサービスを揃って実施しています。

ベトナムでは仮装ではなくペイントが主流

ベトナムでは、仮装をする人はあまり多くはありません。代わりに、顔や体にペイントを塗るイベントが大人気。ブイビエン通りでは、あちこちでペイントを塗るイラストレーターが座り、人々が列をなしています。

ペイントは特殊なインクを使用した絵具で描かれるため、水で顔を洗えば消しゴムのカスのようにすぐ落とすことができます。顔に描くイラストは蜘蛛やバタフライ、ピエロにドクロなど数十ある写真の中から選べます。値段も200円から400円程度と安いため、子どもから学生、大人まで楽しんでいるようです。ペイントにかかる時間は5分から10分ほど。興味本位で体験することができるほか、友人同士で写真を撮って、Facebookにアップして楽しむのが恒例です。

最後に

ベトナムのハロウィンは年々盛り上がりを増しています。ベトナム人は大勢で盛り上がるイベント事が大好き。今年は去年より一層賑わうことが予想されます。日本で仮装してハロウィンを楽しく過ごすのも捨てがたいですが、異国の地で一風異なる雰囲気のハロウィンを体験するのもいいかもしれませんよ。

古川悠紀(Furukawa Yuki)

1984年生まれ、神奈川県出身。東海大学文学部アジア文明学科入学。ベトナムに伝わる民話と伝播、比較文化論を研究。卒業論文では『ベトナム民間説話の研究』を執筆。その時分から「20代のうちに一度はベトナムへ移住を」と考えはじめる。2007年卒業後、代理店営業職に就職、その後フィリップモリスジャパン(株)に転職ののち、2010年12月に退職。翌月に念願のベトナムへ移住を決意。現在はフリーランスとしてライターを生業にする傍ら、翻訳、市場調査、ウェブサイトの運営など、ベトナムにまつわるものならば幅広く請負中。

TOPへ戻る

RANKING lC̃LO

お気軽にお問い合わせくださいContact Us

お電話で

気になるサービスや赴任時期などお聞かせください。

[フリーコール]0120-925-021
受付時間:10:00~19:00(土日祝を除く)

フォームから

ご希望の方へ、ご参考資料をお送りします。

資料請求 / お問い合わせ

Facebookも要チェック!Follow me

ワールドビジネスサポート facebook