GLOBAL CHANT!

世界の素敵を発信するWEBメディア

インドネシアの人気記事

インドネシアで駐在するなら必見!すぐに役立つ現地生活心得12選

インドネシアに赴任する時に準備しておきたいことや現地生活の心構えとは?慣れない土地での暮らしにすぐになじめるかどうかは、事前準備がカギを握るといっても過言ではありません。

今回は、インドネシア単身駐在歴3年、ローカル感たっぷりな生活を堪能中の筆者が自らの体験を踏まえ、現地生活のコツやノウハウとしてすぐに役立つ情報12個ご紹介します。

1.腹痛率100%!?常備薬は日本から持参すべし

インドネシアに来たほとんどの日本人は水や食事でお腹を壊します。長く住んでいる人であっても一ヵ月に1回はお腹を壊すことも。さらに、ジャカルタは世界トップクラスの渋滞が発生することでも有名で、車中に2時間以上閉じ込められてしまうこともしばしば。車中で急にお腹が痛くなることも想定しておくとよいでしょう。筆者のおすすめは日本でおなじみの正露丸。重宝しています。

2.価格は2倍が当たり前?調味料やレトルトは日本から

一日3回、年間1,000回を超える食事の回数。人生の豊かさは食で変わると言っても過言ではありません。ところが、この食事がインドネシアでは毎日頭を悩ませる種のひとつになりうるのです。人にもよりますが、ローカルフードの慣れない味に日本の味が恋しくなります。最近は、日本食レストランや大手チェーン店の進出により、困ることは減りましたが、毎食外食では、お財布にも健康にもよくない。そんな時に役立つのが日本の調味料やレトルト食品です。しかし、インドネシアで購入しようとすると価格が2倍~3倍になるのは当たり前。よって、日本からの持参をおすすめします。

3.SIMフリーがスタンダード!出国前にロック解除を忘れずに

一昔前の日本では、携帯電話のキャリアと本体がセットというのが当たり前でした。今では格安SIMが登場し、通信キャリアの制限なしに利用できるSIMフリーの携帯電話を持っている人も増えつつあります。しかし、多くの人は3大キャリアのSIMロックのかかった携帯電話を使用しているのではないでしょうか。インドネシアではSIMフリーが当たり前。手持ちの携帯電話のSIMロックを解除し、数百円のSIMカードを購入すれば、すぐに使うことができます。新しい携帯電話を買う必要はありません。

4.スモッグ対策は必須!日本製のマスクを持参して

東南アジアといえば、気になるのはにおい。空港に着いた瞬間に鼻につく、なんともいえないにおいが気になる人も多いのではないでしょうか?インドネシアも例外ではなく、クレテック(ちょうじ入りタバコ)やその他雑多なにおいが入り交じり、鼻につきます。さらに、ジャカルタではにおいだけではなく、街中のスモッグもひどい状態です。特に、乾季になると雨が減るため、排気ガスが空気中に滞留してしまいます。近くのビルが排気ガスで霞みがかってしまうこともしばしば。日本にあるような高機能なマスクもなく、種類も少ないので気になる方は日本からストックも含めて持ち込んだほうがよいでしょう。

5.時間はゴムみたい?時間が伸びるインドネシア

インドネシアでは時間が伸び縮みします。日本では、数分の遅れもなく電車が到着したり、アポイントに時間通りに行くのは、常識です。しかし、インドネシアでは真逆。時間を守らないのが当たり前で、たいてい遅れが生じることが一般的です。「ジャム(=時間)カレット(=ゴム)」と呼ばれる単語があり、インドネシア人もこれを自覚しています。「郷に入っては郷に従う」という言葉がありますが、イライラせずに、このようなインドネシア人の感覚とうまく付き合うことも大切です。

6.地図アプリが一番信頼できる?あてにならない現地の道案内

地元の道は住んでいる人が一番わかっているとは限らないのがインドネシア。わからないのであれば「わからない」と言えばよいのですが、そこはインドネシア人。知っているふりをして教えてくれるのはよいのですが、その結果、何度道に迷ったかわかりません。信じられるのは自分が持っているスマホやタブレット端末の地図アプリです。

7.どこかの国民と同じ!?NOといえないインドネシア人

レストランで注文する時、タクシーで運転手に行き先を告げる時、お店で質問をした時など、インドネシア人は快く「OK」と返事をします。一瞬、自分のつたないインドネシア語が伝わったと思うと嬉しくなります。しかし、注文したものとは違ったものが運ばれてくる、タクシーの向かっている先がおかしい、質問をした人とは違う人が戻って来てもう一度同じ質問をすることになる、といったことが頻繁に起こります。それは、日本人よりも「NO」といえない国民性だからでしょう。自分よりも「NO」といえないことを前提にコミュニケーションを心がけ、おおらかに許せる広い心を持ちましょう。もちろん、念入りに何度も確認することも忘れずに。

8.一日1回スコールの国。折り畳み傘は必携

ジャカルタの雨季は12月から4月。この間はほぼ必ず一日1回、スコールに見舞われます。雨の勢いが強すぎて、あまり意味がない場合が多いですが、カバンの中に折り畳み傘があると一瞬だけ雨から身を守ることができるので便利です。

9.ガタガタ道は当たり前。歩きやすい靴を準備して

車移動が多いインドネシアですが、場合によっては、歩いて移動しなければならない時もあります。そんな時のためにぜひ、動きやすい靴を準備しておいてください。ジャカルタは都会ですが、歩道はまったく整備されておらず、突然、落とし穴やゴキブリ、虫などが現れることもあります。そんな時、機敏に動けるよう、予め履き潰してもよい靴を何足か持っていくなどして、足元の装備にも気を配りましょう。

10.健康状態の管理は日本で済ませて

インドネシアで生活していると、当地にきてから体調を崩す日本人が目につきます。日本を出国する前に、健康に関するすべての検査をしてからくることをおすすめします。インドネシアで受けたい検査や適切な処置がされる保証はありません。日本で受けてきた方が絶対に安心です。

11.蚊に刺されたら命取り!?対策方法とは?

インドネシア生活で蚊はつきもの。日本とは違い、常夏の当地では一年中、蚊と付き合っていく必要があります。数年前、日本でも話題になった高熱が出るデング熱も、インドネシアではいつでも感染する危険性があります。対策としては、まず、服装に気をつけること。虫除けスプレーはインドネシアでも購入可能です。また、蚊取りラケットやコンセントにさすタイプの虫除け、大型の虫を集める機械など、日本と同等のクオリティで対策をすることができます。しかし、万が一刺されてしまった場合、どうするのか。実は、日本であればすぐに手に入る「ムヒ」や「キンカン」は売られていません。そのため、対策グッズは念入りに準備し、持参することをおすすめします。

12.これこそ異文化体験!朝4時からの爆音放送

インドネシアは世界で一番イスラム教徒がいる国で、その数なんと2億人以上。イスラム教徒はとても友好的で、日本人よりも親切です。しかし、一つ日本人がなかなか慣れない習慣があります。それは、朝4時過ぎから毎日繰り返されるお祈りです。お祈りを拡声器で爆音放送するため、低階層に住んでいる場合は毎朝4時過ぎに強制的に起こされることになります。この爆音に慣れてしまうか、最初から音の聞こえにくい高階層に住むかは一考の余地がありそうです。

まとめ

インドネシアで駐在するための心得、12選はいかがでしたか。辞令直後はとまどう方も多くいらっしゃると思いますが、現地で仕事に励むうちに考え方も現地化したり、なじんだりするもの。結果、その土地を好きになり“住めば都”となって、帰りたくなくなる方も多数いらっしゃいます。現地での暮らしを存分に満喫するためにも、ここに書いたコツやノウハウを参考にしながら、駐在生活を始めてみてはいかがでしょうか。

TOPへ戻る

RANKING lC̃LO

お気軽にお問い合わせくださいContact Us

お電話で

気になるサービスや赴任時期などお聞かせください。

[フリーコール]0120-925-021
受付時間:10:00~19:00(土日祝を除く)

フォームから

ご希望の方へ、ご参考資料をお送りします。

資料請求 / お問い合わせ

Facebookも要チェック!Follow me

ワールドビジネスサポート facebook