GLOBAL CHANT!

世界の素敵を発信するWEBメディア

日本より安い!ゴルフに格闘技!? ミャンマーでおすすめの趣味は…

COMMUNITY ミャンマー 2017.05.18

日本にいると、なかなか時間が取れず、金銭的に高くつく趣味も、海外生活だったら手頃な価格で手軽に楽しめるものもあります。代表的なものはゴルフ、格闘技、乗馬など。今回は、ミャンマーに住む日本人が、実際に現地で楽しんでいる趣味をご紹介します。

数、質ともに充実したゴルフコースがそろうミャンマー

実はミャンマーにはゴルフ場が多く、地方でもたいていの都市にはあるほど。その数は国内で129カ所を数え、ゴルフ人口も40万人にのぼります。アジアンツアーのゴルフトーナメント「ミャンマーオープン」が1996年から開催されていましたが、政権の影響でたびたび中止に。しかし、2016年からは、「レオパレス21ミャンマーオープン」として復活しています。

100年以上の歴史を誇る名門クラブが複数あるほか、熟練プレイヤーも攻めあぐねるチャレンジャブルなコースもたくさん。グリーンフィーは地元の人と外国人とでは異なり、設備の整ったクラブで外国人がプレーする場合は、ミャンマーの旧首都・ヤンゴン周辺で4,000円から10,000円程度(カートやキャディの料金は別/為替レートで変動あり・以下同)の価格帯になることが多いようです。いずれにしても日本よりは安いですね。

地元プロによる英語でのレッスンは1時間あたり2,000円ほどで受けられます。また、ドライビングレンジによってはビールやおつまみを楽しみながら練習できるところもあり、在住日本人のゴルフ好きには好評です。

ヤンゴン周辺のゴルフ場は、多くが市街中心部近くにあります。「週末はいつもゴルフです。日本と違い、早起しなくてすむのがいいですね」(50代男性)とおっしゃる方もいるほど。早朝に出発しても、長時間移動せずにすみ、プレー後も気軽に市内のお気に入りレストランまで出て、昼食を楽しむことができると好評です。

乗馬や各種スポーツサークルも盛ん

また、ゴルフと同じイギリス由来のスポーツである、乗馬も楽しめます。ヤンゴン市内にある乗馬クラブ「Myanmar Equestrian & Country Club」は設備が少々古めながら、乗馬レッスンは45分で2,000円ほどと、かなりリーズナブル。さらに、向かいに韓国系のスーパー銭湯があるので、乗馬のあとに大浴場や岩盤浴を堪能できます。

ほかにも、テニスやラグビー、野球、バレーボールなども人気で、在住日本人のサークルがあります。「私はサッカーに夢中です。アジア各国の日本人サークルが一堂に介し、勝者を競う大会も年1回ありますよ」という30代男性も。

国技・ラウェイの人気が急上昇中

「ミャンマーならではの趣味を見つけたい」という人には、ラウェイはいかがでしょうか。タイのムエタイに似た格闘技ですが、グローブをせずバンデージのみを巻いた拳で闘い、絞め技以外の全ての技が認められることから「地上で最も過激な格闘技」とも評されています(練習ではグローブも使用します)。2016年には日本でも初の大会が行われるなど最近注目を浴びています。

ここ数年、外国人にも人気が高まっており、ヤンゴン市内の複数のラウェイクラブが外国人練習生を受け入れています。そのうちのひとつ、「トゥッティ・ラウェイクラブ」は、元チャンピオンのレッスンが受けられると評判で、3~5人くらいのグループレッスンが1時間1人約500円で受けられます。受講者には日本人も多く、女性や子どもの参加も目に付きます。大人から子どもまで、家族皆が習える趣味として人気です。

ラウェイは爽快感があり、筋力がついて、ダイエットにも最適な競技。「仕事のストレスも、サンドバックを蹴り上げることで解消できます(笑)」という40代男性もいますよ。

まとめ

海外生活が決まったら、住居や食事、医療の他に「仕事のストレスを解消できるような楽しみが見つかるだろうか」ということも気になるもの。海外生活ならではの、お得で楽しい趣味を見つけて、たまるストレスをしっかり発散し、素敵な思い出が残る滞在にできるといいですね!

RANKING lC̃LO

お気軽にお問い合わせくださいContact Us

お電話で

気になるサービスや赴任時期などお聞かせください。

[フリーコール]0120-925-021
受付時間:10:00~19:00(土日祝を除く)

フォームから

ご希望の方へ、ご参考資料をお送りします。

資料請求 / お問い合わせ

Facebookも要チェック!Follow me

ワールドビジネスサポート facebook