GLOBAL CHANT!

世界の素敵を発信するWEBメディア

ミャンマーの人気記事

掘り出し物の国・ミャンマーの最新お土産事情

雑貨好きならレトロものを狙おう

雑貨好きたちに「掘り出し物の国」と評されるミャンマー。軍事政権下で外国人観光客が少なかったことに加え、土産物業界への外資参入も遅れていたため、良くも悪くも古き良き工芸品やレトロな雑貨が残っているのです。そんなミャンマーの代表的な土産物や最近人気の品々をご紹介しましょう。

3大ミャンマー土産はこれ!

日本人に人気のミャンマー土産の代表格といえば漆器、ロンジー、クッキーの3つです。

まずは漆器。東南アジアでもすでに絶滅しかけているといっても過言ではない本漆を使った漆器がミャンマーではまだまだ健在です。ミャンマーの漆芸では、塗り重ねた漆に針のような道具で文様を彫り、色漆を塗り込んでから研ぐ「蒟醤(きんま)」技法を使用。繊細な装飾を楽しめます。

本漆を使ったミャンマーの漆器

女性を中心に人気があるのは民族衣装ロンジー。女性用ロンジーは巻きスカートとブラウスからなりますが、時間がない旅行者の場合はレディメイドのスカートだけ買うのがおすすめ。旅初日に購入してパゴダへ着て行けば、とっておきの思い出になることは間違いありません。

ロンジー布をテーブルクロスやソファーカバー用に購入する人も多いですが、最近ではロンジー布を使ったノートやカード、ポーチといった雑貨の種類も増えています。

最近では、雑貨の種類も増えてきた

一方、日本の偉大なる習慣、“ばらまき土産”用に多くの人が買い求めるのがクッキーです。スーパーマーケットなら特産のカシューナッツを使ったタイプが400円ほどで買えますし、ボージョーアウンサン市場には、日本人の好みに合うように味やパッケージをアレンジした日本人経営のクッキー店も2店あります。

ミャンマーのバラマキ土産といえばクッキー

ニュームーブメントは張り子人形やコーヒー豆

民主化が進んだここ数年は、欧米人がプロデュースする土産物店も目に付くようになってきました。こうした店では、伝統工芸をハイセンスに仕上げた雑貨が多種多様に揃います。なかでも注目を集めているのが、伝統玩具モダンな色とデザインでよみがえらせた張子人形。トイレットペーパーホルダーやランプシェードに加工したものも人気です。

自分用のお土産にも

近年、バリエーションが増え、選択肢が広がってきたのはコーヒー豆ではないでしょうか。スーパーマーケットでも様々な種類が並ぶようになりました。元英領だったミャンマーはもともと紅茶文化圏。豆で挽くコーヒーを飲むようになったのは、在留外国人や海外在住経験のあるミャンマー人が増えてきた最近のことです。そのため、こうした層に人気が高いオーガニックの豆が多いのも特徴なのです。

ミャンマーでのコーヒー文化の定着は、最近のこと

食べ物系では、シャン州で醸造するワインもおすすめです。特に白ワインは厚みのある芳醇な味わいが特徴で、価格も1500円ほどと手頃。スーパーマーケットなどで簡単に手に入るので、レストランで飲んでみて気に入ったら買う、というのはいかがでしょうか。

シャン州のワインは価格も手頃

世界の雑貨ハンター注目のレトロ雑貨

ここまで紹介した品々に加え、ミャンマーにはレトロな味わいの雑貨がまだまだ豊富に残っています。素朴な味わいのノートや、菓子入れなどに転用できるアルミ製ままごとセット、手描きのかわいい動物イラストが入った竹定規など、雑貨好きなら嬉しい悲鳴を上げてしまうようなお宝がいっぱい。

見ているだけで可愛らしいミャンマーの雑貨

こうしたレトロものを探すならねらい目は地方都市。人気が高いプラカゴなどは、インレー湖のあるシャン州やミャンマー第2の都市マンダレーなどでの市場ではヤンゴンよりもずっと種類が豊富に揃います。

ミャンマー東部シャン州の州都タウンジーの市場

かわったところでは、まるまるとしたフェミニンなビルマ文字をあしらったオリジナル判子はいかがでしょうか。スピード仕上げ可の判子店なら、注文して半日もあれば出来上がります。他にないオンリーワンの土産物を探している人にぴったりです。

ミャンマーの旅の記念にオリジナル判子はいかが

ミャンマーの土産物業界はまだまだ発展途上。新たに開発した土産物、伝統工芸を現代風にアレンジした雑貨、特産フルーツを使った新商品など、続々ニューフェイスが現れそうな勢いです。買い物天国となるポテンシャルを秘めたミャンマーで、掘り出し物を探してみませんか?

板坂真季(Itasaka Maki)

日本でのフリーライターを経て中国の上海、ベトナムのハノイで計7年間、現地フリーペーパーの編集に従事。日本の雑誌、書籍、webマガジンなどへも多数寄稿し、各種ガイドブックの編集・執筆・撮影にも関与。日本の雑誌のコーディネートや企業の市場調査などの経験もあり。ヤンゴン在住5年目。

RANKING lC̃LO

お気軽にお問い合わせくださいContact Us

お電話で

気になるサービスや赴任時期などお聞かせください。

[フリーコール]0120-925-021
受付時間:10:00~19:00(土日祝を除く)

フォームから

ご希望の方へ、ご参考資料をお送りします。

資料請求 / お問い合わせ

Facebookも要チェック!Follow me

Leopalace21 GROS facebook