GLOBAL CHANT!

世界の素敵を発信するWEBメディア

インドネシアの人気記事

ビジネスマンが知っておきたいインドネシアのチップ事情

インドネシアのチップ文化

日本人が海外に行って困惑することの文化の一つに「チップ」があります。東南アジアのインドネシアでも随所でチップを渡すことが大切です。インドネシアは給料水準が低いこともあり、チップは大事な収入源になっているのです。

主張し過ぎるのを良しとしないインドネシアの文化において、チップを積極的に求めてくることはあまりありませんが、お互いに気持ちよく過ごすため、そして無用なトラブルを避けるためにも、時と場合によってはチップを渡すのが無難です。今回は日本人にはあまり馴染みのないインドネシアのチップ事情をお伝えします!

空港のチップ

多くの方はインドネシアへの入国は空港からになると思いますが、入国早々にチップが必要になるケースがあります。それは背中に「Porter」と書いてある服を来ている人に荷物を運んでもらった場合です。
チップの相場は、荷物一つにつき最低でも20,000ルピア(約160円)で、荷物が一つ増えるたびに10,000ルピア(約80円)増える、と覚えておきましょう。

ちなみに彼らの服の後ろには「NO TIPPING(チップ不)」と書いてあるのですが、実際にはチップを渡さないと「なんでここまで荷物持ってきたのにチップをくれないんだ!」と文句を言われてしまう可能性があります。

最悪、他のポーターたちを呼ばれて多勢で詰め寄られてしまう可能性も考えられますので、気をつけたいところです。

タクシーのチップ

空港から無事に出られたら目的地までの足が要りますね、つまりタクシーです。タクシーは空港のチップとは違い相場はなく、「半端なお釣りを受け取らない」という感覚が大切です。

例えば空港からホテルまでのタクシー料金が87,000ルピア(約700円)だったとします。その場合は100,000ルピア(約800円)を渡し、お釣りの13,000ルピア(約100円)はそのままチップとして渡してしまいましょう。

その他の金額の例は、
27,000ルピア→30,000ルピア (約210円→約240円)
65,000ルピア→70,000ルピア (約515円→約555円)
135,000ルピア→150,000ルピア(約1070円→1190円)
といった具合です。

インドネシアのタクシードライバーはお釣りを持っていないことが多く、平気で「お釣りないんだけどどうする?」と聞いてきます。 「日本だったらありえない!釣りを返せ!」と訴えたくなる気持ちはよくわかりますが、その怒りをぶつけるのはトラブルの元、「Simpan saja(お釣りはとっといて)」と爽やかにお釣りを渡してしまいましょう。

タクシーのチップは強制ではありませんので、「こんなドライバーにチップあげたくない!」と思った場合はメーターぴったり払いましょう。

ぴったりと支払い、文句を言ってきた場合は10,000~20,000ルピア(約80〜160円)ぐらい上乗せして、さっさとタクシーから出てしまいましょう。

ホテルのチップ

日本人が泊まるようなホテルの場合、ポーターが部屋まで荷物を持ってきてくれることがあります。そんな時にもスマートにチップを渡しましょう。

相場は泊まるホテルのランクにもよりますが、私の場合10,000〜20,000ルピア(約80〜160円)か同等の外貨を渡すことにしています。外貨の場合は極力お札にしましょう。コインもお金はお金ですが、両替所で両替できないため、ポーターもあまり喜びません。ほんの少しばかりの気遣いが喜ばれるでしょう。

チップの渡し方ですが、カウンターでなど荷物を運んでくれることが分かった場合、ポーターが見ていない時にこっそりとポケットに忍ばせておき、帰り際に「マス!(お兄さんの意)」と呼び止め、金額が見えないよう、スッと渡しましょう。

受け取ったほうもこちらの顔を見て笑顔で「ありがとうございます」と言ってくれるはずです。 ベットメイキングのチップについては、枕元に10,000ルピア(約80円)程度置いておくといいでしょう。
ただし、枕元に置いておいてもチップと認識しない従業員もいます。外出から部屋に戻ってきた後にもお金が残っていた場合、また別の機会に他の人にチップとして渡してしまいましょう。

ホテルの場合はサービスに対する意味合いが強いので、渡さないとトラブルに巻き込まれるというよりも、渡すとお互いに気持ちよくなるといった意味合いが強いです。

マッサージのチップ

インドネシアではマッサージ店でもチップは通例です。
インドネシアのマッサージ店は価格帯が幅広く、現地に暮らす人が行くようなお店だと100,000ルピア(約800円)/時間のところもあれば、高級ホテルではその10倍の1,000,000ルピア(約8,000円)/時間の場合もあります。

マッサージのチップもマッサージの金額により変えるのがスマート。 わざわざ100,000ルピア(約800円)の安いお店を探して値段交渉までしたのに、金額の50%にあたる50,000ルピアをチップとして渡すのは明らかにあげすぎです。

チップはマッサージ価格の10%を目安とし、最低でも20,000ルピア(約160円)、最大で50,000ルピア(約400円)を目安にしています。
もちろん格別なサービスを受けた満足できた場合はそれ以上のチップをあげるのは個人の自由です。 チップはマッサージ後、服を着替えたあとなどにマッサージ師に直接渡しましょう。

渡さなくても大きなトラブルには見舞われませんが、帰り際に「ケチだ」と言われる可能性があります。せっかく体がリフレッシュしたのにもかかわらず、少しのチップをケチったことにより最後に悪口を言われると気分が悪いですよね。気持ちよく帰るためにも少しばかりチップを渡しましょう。

ゴルフのキャディーチップ

インドネシアで仕事をする場合、接待ゴルフを受けることもあるでしょう。一緒に回ってくれるキャディーさんにチップを渡すのが一つのマナーです。 実はゴルフのキャディーチップは結構複雑です。 ゴルフ場にもよりますが、大きく分けて3パターンがあります。

パターンA 1台のバギーにゴルフファー2名 、1人に1人のキャディーが付く
パターンB  1台のバギーにゴルファー2名、2名に1人のキャディーが付く
パターンC  1台のバギーにゴルファー1名、1人キャディーが付く

パターンAとCは各自にキャディーが付いていますので、各自がキャディーに渡すのがマナーです。
パターンBの場合、ゴルファー2名各自が付いてくれたキャディーにチップを渡しましょう。金額はパターンA、Cよりも少なくてもいいと思います。

ジャカルタ周辺は150,000~200,000ルピア(約1,200〜1,600円)、地方のゴルフ場の場合は100,000ルピア(約800円)ぐらいがおおよその相場ですが、ゴルフ場の格式や場所によって変わることが考えられますので、一度回ったことがあるゴルファーに前もって相場を確認したほうが確実でしょう。

チップを渡すタイミングはゴルフクラブを数え、確認が終わったあとに渡すのがいいでしょう。

ゴルフ場でチップを渡さないと、キャディーに「ケチ」と認識されてしまい、再度同じコースで回った際に「あの人はケチだ」というレッテルを貼られる可能性があります。「渡さなくても他のキャディーにはわからないよ」と思われる方もいるかもしれませんが、キャディー間の情報伝達はとてつもなく早いので、ほぼ100%「ケチ」ということがバレています。
また、場合によってはキャディマスターまで報告が上がり、「チップはあげましたか?」と一言言われる可能性もあります(あくまでもチップなんですけどね・・・)。気持ちよくゴルフをプレーするためにも気前よくチップを払いましょう。

インドネシアのチップ文化を知ってトラブル知らず

いかがでしたか?日本人にはあまり馴染みのないチップですが、インドネシアでは渡さないと恥を掻くばかりではなく、トラブルに巻き込まれるリスクもあります。
チップを渡さずトラブルになったり、チップが足りなくてインドネシア人にねだられ、「チップばかりねだり卑しいやつらだ!」と思う前にスマートに渡せるとインドネシアでの仕事を気持ち良く進められるものです。
少しハードルは高いかもしれませんが、いろいろな場面でスマートにチップを渡せるようになってみてくださいね。

しん(Shin)

1986年生まれ、東京都出身。2008年に日本を出てオーストラリアの大学へ留学。卒業時に「今後はアジアの時代だ!」という根拠のない自信を胸にシンガポールで就職活動するが、なぜかインドネシア駐在員に。インドネシア情報を発信した、クスッと笑えて役に立つブログ「25歳からのインドネシア駐在員日記」を運営中。

TOPへ戻る

RANKING lC̃LO

お気軽にお問い合わせくださいContact Us

お電話で

気になるサービスや赴任時期などお聞かせください。

[フリーコール]0120-925-021
受付時間:10:00~19:00(土日祝を除く)

フォームから

ご希望の方へ、ご参考資料をお送りします。

資料請求 / お問い合わせ

Facebookも要チェック!Follow me

Leopalace21 GROS facebook